MobiCame

話題性のあるモバイルガジェット商品や通信サービスの情報、デジカメ情報を掲載誌!

HTCOceanHarmonyは6インチファブレット『HTCU11eyes』として近々発表される?

htcu11eyes

こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

HTCが昨年から開発していたとされている『HTC Ocean Harmony』(開発コード)が、近々『HTCU11eyes』として発表されるのではないかとのリーク情報を入手しました。

HTCU11eyesのスペック

画面は、6インチのフルHD+ (解像度:1080 x 2160) SoCは、Snapdragon652を搭載、RAM:4GB、ROM:64GB (外部記録媒体としてMicroSDカード対応), コネクタは、USB-typeC、 バッテリー容量は、3930mAh、防水対応としてIP67,OSは Android Nougat, HTCの独自機能としてEdge Senseを搭載する!カラーバリエーションは、Black、silver、redとなります。

価格は、約56,673円(510米ドル)の予定です。

HTCU11eyesは日本で発売になるか?

現段階では海外のみの様な雰囲気ですが、HTCNIPPONは2月に『HTCU11』をSIMフリー端末として発売するので期待しながらまちたいと思います!

ハイセンスジャパンが32v型スマートテレビ 『 32N20 』を発売開始!

hisense_32N20

こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

ハイセンスジャパン株式会社は、32v型のスマートテレビ 『 32N20 』 を2018年1月から随時全国の家電量販店やAmazon等のECサイトにて販売すると発表しました。

昨年は、東芝のテレビ事業買収や今年開催されるサッカーW杯ロシア大会のオフィシャルスポンサーになるなど、日本でのブランド認知度が大きく向上しているハイセンスジャパンが、新年早々に新機種を投入してきました。性能や特徴を紹介していきます!

Hisense?32v型スマートテレビ 32N20 スペック一覧

画面サイズ:32V型

【本体色】
前面:ブラック+シルバー 背面:マットブラック
素数(水平x垂直):1366×768

【本体寸法】(幅×高さ×奥行)
スタンド含む (cm): 73.4×47.7×17.5
スタンド含まない (cm) 73.4×43.4×9.1

【本体質量】
スタンド含む:4.4kg
スタンド含まない :4.3kg

昨年は、4K対応スマートテレビを発売しフラグシップクラスエントリークラスからミドルクラスクラスにかけてのラインナップを揃えてきたハイセンスジャパンは今回の『 32N20 』はエントリークラスのスペックとなっていますね。スタンドを入れても17cmと奥行きを気にせず置けるのですが、4.3kgの軽さ10cmをきる厚みであれば壁掛けでも使いたいサイズ感ですね。

Hisense 32v型スマートテレビ 32N20?機能や特徴

32v型スマートテレビ 32N20 の特徴や機能をひとつづつ見ていきましょう!
テレビ単体でYouTubeTSUTAYA TV 等がみれる!
hisense_32N20 VOD一覧

最近では、Amazonの FireTV や FireTV stick にてYouTubeが見れなくなるなどの問題がありましたが、この32v型スマートテレビ 32N20 では、テレビ単体でYouTubeを楽しむことができます!YouTube以外にも、acTVila(アクトビラ) や TSUTAYA TV(ツタヤTV)、 U-NEXT(ユーネクスト)、クランクイン! ビデオがリモコンに搭載されているVODサービスボタンを押すことで簡単シンプルに視聴することが可能です。

[caption id="attachment_5057" align="aligncenter" width="680"]hisense 32N20_リモコン VODサービスへボタン一つで簡単にアクセス可能![/caption]
スマホタブレットをテレビの大画面で表示できる?Anyview Cast機能
hisense_32N20_Anyview Cast

ハイセンスジャパンのテレビでは、お馴染みの『Anyview Cast』機能も搭載しています!
Android OS端末限定にはなりますが、通常他のデバイスを使って行う画面のミラーリングをテレビ単体で行えることはスゴク便利です!例えば、パソコンのブラウザースマホタブレットのアプリでしか見れないTVer(ティーバー)を大画面で見ることができますよ!個人的にはこの機能がすごく便利だと感じています!


IPSパネル直下型LED搭載で発色がきれい!
LEDバックライトには直下型とエッジ型の2種類あります!

エッジ型は、液晶の裏側ではなく画面の上下や左右などに配置した形、直下型は液晶の裏側にLEDを敷き詰めた状態です。大きな違いは使われているLEDの数です。直下型の方が多くLEDを使うので画面を明るく表示できるメリットがあります。
3波ダブルチューナー搭載で録画時も違う番組を見れる!
外付けのハードディスク(別売)を接続を接続することで簡単に録画・再生を行うことができしかも地上・BS・CSとそれぞれのアンテナが2つついているので録画しながら他の番組をみることができます!2番組同時録画をしたい場合は、別途ハードディスクレコーダー等を購入する必要があります。
メーカー保証が3年!
家電製品で多いのが1年のメーカー保証だと思いますが、『 32N20 』は、なんと3年のメーカー保証!テレビは長く使うので3年も保証がついてくるのは安心ですね!

Hisense?32v型スマートテレビ 32N20 はこんな方にオススメ!

エントリークラスながら画面をきれいに映すIPSパネル直下型LED搭載、YouTube等VODサービスへ簡単に接続できるスマートテレビ機能、スマホタブレットをテレビの大画面で表示できる?Anyview Cast機能にメーカー3年保証!32v型なのでリビングはもちろん、子供部屋や寝室に置くと便利に使えそうですね!一人暮らしを始める学生さんにもオススメな一台だと思います!ワールドカップが近づき名前を聞く機会が増えてくるハイセンスジャパンは、今年も注目ですね!

リコーがTHETAプラグインパートナープログラムを今春開始と発表!プラグインを自分で作れる!

THETAV_Upgrade
こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

リコーは、THETAV本体にオリジナルの機能追加できるプラグインの開発を支援する、RICOH THETAプラグインパートナープログラム』を2018年春から開始するとアメリカ・ラスベガスで開催中のCES2018にて発表しました。

Androidベースなので開発が広まるか?

THETAV

THETA Vは、以前のTHETAと違いOSをAndroidベースで構築されている!以前のTHETAも開発者プログラムが展開され個人でも自由にオリジナルのプラグインアプリが制作でき、話題になったアプリも出てきていた。しかし独自OSだった為か大きな広がりは見せず企業が出すアプリなどはリコーのものだけだったように感じる。

THETAV_UpgradeSchedule

今回はAndroidベースということでプラグイン開発もアプリ開発会社であれば入りやすい仕組みになったのではないかと思う。最近では、自撮りブームということで360度カメラの需要が増えてきていることは感じる。これからライブ実況等も360度映像の時代になっていくので注目していきましょう!

リコーがTHETAプラグインパートナープログラムを今春開始と発表!プラグインを自分で作れる!

THETAV_Upgrade
こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

リコーは、THETAV本体にオリジナルの機能追加できるプラグインの開発を支援する、RICOH THETAプラグインパートナープログラム』を2018年春から開始するとアメリカ・ラスベガスで開催中のCES2018にて発表しました。

Androidベースなので開発が広まるか?

THETAV

THETA Vは、以前のTHETAと違いOSをAndroidベースで構築されている!以前のTHETAも開発者プログラムが展開され個人でも自由にオリジナルのプラグインアプリが制作でき、話題になったアプリも出てきていた。しかし独自OSだった為か大きな広がりは見せず企業が出すアプリなどはリコーのものだけだったように感じる。

THETAV_UpgradeSchedule

今回はAndroidベースということでプラグイン開発もアプリ開発会社であれば入りやすい仕組みになったのではないかと思う。最近では、自撮りブームということで360度カメラの需要が増えてきていることは感じる。これからライブ実況等も360度映像の時代になっていくので注目していきましょう!

360度ライブ通話とマルチビュー機能搭載!『Insta360NanoS』発表!

Insta360 NanoS top

こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

開催中の世界最大規模の家電見本市 CES2018 にて Insta360 が新商品『?Insta360NanoS 』を発表しました!昨年も Insta360airInsta360one を発表するなど360度カメラ業界では注目のメーカーなので今回も様々な新機能を搭載していますので順に説明していきます!

Insta360NanoS スペック

insta360nanos

レンズF値:2.2
センサー:2000万画素SONY
静止画解像度:6272×3136
動画解像度:3840×1920 (30fps)
画像形式:jpg,insp,RAW(DNGフォーマット)
動画形式:mp4,insv,Log
対応機種:iPhoneⅩ,iPhone8/8plus,iPhone7/7plus,iPhone6S/6Splus,iPhone6/6plus

写真撮影モード:スタンダード,タイマー撮影
動画撮影モード:スタンダード,タイムラプス
ライブ配信モード:360ビデオ,平面配信
EV:-2EV〜+2EV
露出:オート,マニュアル露出,シャッター速度優先,ISO感度優先
ホワイトバランス:オート,曇天,晴れ,白熱灯,蛍光灯

カラー:ブラック,シルバー
重量:約66g
本体サイズ:110×33×21(mm)

インターフェイス:Lightning端子
USB:MicroUSB2.0
保存媒体:MicroSDカード(UHS-Ⅰ,exFAT(FAT64)フォーマット対応:最大容量128GB)

バッテリー容量:800mAH
充電端子:MicroUSB
連続使用時間:60分

機能面:
・360度ライブストリーミングFacebook/YouTube/Twitter/Line/Snapchat 対応)
・360度テレビ電話機能
・新マルチビュー機能
・フリーキャプチャー機能


Insta360NanoS_spec

Insta360Nano と比べるとかなりのスペックアップになってきています。スペックを比較すると解像度は3K(3040×1520)から4Kに対応、イメージセンサーは、400万画素から2000万画素へと高画素センサーを搭載し高解像度撮影が可能になっています。超精密ジャイロスコープは、iPhone機能を使うなどスマートな設計になっている。本体にもマイクは、内蔵されているが、360度テレビ電話の際はiPhone側のマイクを使用する。

Insta360NanoS の特徴

簡単な操作でつかえる360度テレビ電話
[caption id="attachment_4968" align="aligncenter" width="680"]Insta360NanoS_360videocall 友達といる時に違う場所にいる友達へ360度映像と通話を楽しむことができる![/caption]

Insta360NanoSで誰とでも360度テレビ電話を行うことができます。

Insta360NanoSアプリでURLリンクを作成してチャットやソーシャルアプリ経由で通話したい相手に送るだけ!通話相手が、リンクを開くと発信者の環境をリアルタイムで360度映像をみることができるという流れです。

[caption id="attachment_4966" align="aligncenter" width="680"]Insta360NanoS_360videocall 海外のきれいな景色を通話相手と共有する[/caption]

今まではスマホをのインカメラを使って平面でしかその場の様子を伝えることができませんでしたが、今見ている景色を通話相手の人が見ることができるので360度テレビ電話で通話する際に相手側では、画面をスワイプすることで発信者のいる空間を360度映像で見ることができるので、まるでその場にいるような雰囲気で会話をすることができます

[caption id="attachment_4969" align="aligncenter" width="680"]Insta360NanoS_360videocall Insta360NanoS を使っての360度テレビ電話会議の様子[/caption]

会社の会議で使おうとした際に以前の Insta360Nano では、会議システムを使ったりとストリーミングサービスを活用し様々な設定をおこなわないと使えませんでしたが Insta360NanoS では、360度テレビ電話機能を使えば簡単に360度テレビ電話会議を行うことが可能です。

複数角度の画像を1画面に新しいマルチビュー機能

Insta360 Nano S_MultiView

Insta360NanoSは、新しい撮影方法を追加してくれました!それが、マルチビュー機能です。マルチビューでは、5つのテンプレートが実装されていて、360度動画から切り出された最大3つのキャプチャーフレームが配置することができます。

個別のキャプチャーフレームの内容は調整することもできて、フレーム内画像のズームのレベルも調整可能!1つのフレームにリトルプラネットで表示し、残りのフレームに重要な映像をズームして表示すると全体と強調したい映像がを同時に映し出すことができます。

上記の画像の用に、手前だけの撮影から2フレームにして手前と奥を映すという方法ができます。このマルチビュー機能は、ライブストリーミングや360度テレビ電話、360度写真や動画の編集等で利用できます。

360度動画を切り抜くフリーキャプチャー機能

Insta360_App interface

360度動画を撮影しても自分がアップした場所は、360度動画に非対応だったり360度動画をアップすると他の場所も見えてしまうので一部分だけ動画として再生したいという時に便利な機能がフリーキャプチャー機能です!

360度動画撮影後にアプリを使って動画の好きな部分を切り抜き平面の動画にしてくれる機能です!今までは映像編集ソフトを使わないと実現できなかったことが、アプリひとつでできることがすごいですね!

日本での発売は?気になる価格は?

insta360nanos

製品名:Insta360NanoS
価格:28,980円(税別)、31,299円(税込)
発売日:2018年1月8日(日)〜
販売元:ハコスコInsta360OFFICIAL

Amazonへのリンクは確認出来次第変更致します。