MobiCame

話題性のあるモバイルガジェット商品や通信サービスの情報、デジカメ情報を掲載誌!

チェキ(instaxシリーズ)最大3,000円キャッシュバック2018年1月8日までキャンペーン!

instax_Campaign201711
こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

富士フイルム株式会社は、カメラ女子に好評のインスタントカメラ『チェキ』instaxシリーズを購入し応募すると最大3000円キャッシュバックというキャンペーンを本日から開始しました。

女子高生やインスタグラマーに大人気のチェキ!

cheki

以前は、結婚式でカードにして配ったり、ウェルカムボードを作ったりと人気のチェキですが、最近は、フィルム人気から特に女性のカメラ好きな方に大人気、撮ってすぐにそのままプリントされる機能は、国内だけでなく世界でも注目されている製品ですのでインスタグラマーの方にとっては必須アイテムと言っても間違いない製品です!

これからの時期は、紅葉や、クリスマス、お正月といった時期のイベントがあり、キャンプ等の暗い場所でもフラッシュを使うことで楽しい写真が撮れたりします。年末年始に旅行へ行かれる方は、小型で軽いので持っていくのに便利ですし、チェキで撮影した写真を前面にだして背景をボカすといったような写真もよくInstagramでみるので海外のフォトジェニックスポットで撮影して見てはいかがでしょうか?

キャンペーン概要

キャンペーンの詳細を紹介していきます。
■応募資格
・ キャンペーン期間中に対象商品を購入した方
・ 応募前の確認事項に同意の上、応募できる方
■キャンペーン対象期間
【?購入対象期間 】2017年11月17日(金)〜2018年1月8日(月・祝)
【 応募締切 】2018年1月22日(月)当日消印有効
■キャンペーン対象商品
●3,000円キャッシュバック対象商品
instax SQUARE SQ10

今年発売された、インスタントカメラデジタルカメラが融合した『ハイブリッドインスタントカメラ』です。簡単に説明すると、デジカメのように撮影して撮った写真をフィルムに印刷する前に本体背面についている液晶で確認ができるのです。今までのチェキは、撮影してすぐに印刷されるのでボケボケの写真だったり暗いところだと真っ暗な写真になってたり失敗することがありましたが、印刷前に確認ができるようになったので失敗した写真は削除して新しく撮りなおして、気に入った写真を印刷することができます!フィルター機能も搭載!(ノーマルを含む11種類)、明るさ調整やビネット(画像の四隅の明るさを調整)、などの編集機能もついています。



●2,000円キャッシュバック対象商品
チェキ instax mini 90 ネオクラシック

レトロなカメラデザインなチェキでこちらは、男性にも人気の製品です。
上記のinstax SQUAREは、大きなサイズのフィルムになりますが、こちらの機種は、従来の縦長なフィルムになります。このフィルムサイズに対応した機種の中では、ハイスペックな機種になるのでオシャレなカメラデザインにこだわりたいという方にはオススメの商品です!
スマホdeチェキ instax SHARE SP-2

名前の通り、スマホで撮影した写真を印刷する為の製品です。
最近では、Instagram用に撮影した写真をこの製品で印刷して文字を書いたり、手書きでオリジナルのメッセージカードが作れたりなど、スマホでの編集ではなかなか出せないオリジナリティを楽しめます!

●1,000円キャッシュバック対象商品
instax mini8プラス

オーソドックスなチェキです。シンプルで軽量なので持ち運びに便利!
外観がシンプルなのでシールを貼ったりしてデコレーションすることで世界に一つの自分だけのチェキに変身させることもできますよ!
instax mini8 『 ぐでたま

サンリオのキャラクター『 ぐでたま 』 とのコラボモデルです。
ぐでたま ファンの方にはオススメの可愛さ!
instax mini 25

プリントの仕上がりを明るめ・暗めに調整できる濃淡コントロール機能を搭載したりシャッターボタンが、2つついており縦撮り横取りがし易いモデルです。
instax mini 25 リラックマ

サンエックスコンドウアキによってデザインされたキャラクターの『 リラックマ 』とのコラボモデルです。基本性能は、instax mini 25と一緒です。
instax mini ハローキティ

サンリオのキャラクター『 ハローキティ 』 とのコラボモデルです。
世界的にファンが多いキティちゃんモデルということで海外で使っていると注目されるかも?ハイキーモードを搭載しダイヤルを調節すれば、明るくソフトな雰囲気の写真が簡単に撮影できます。
instax WIDE 300

他の機種と違い大型のフィルムで印刷ができるタイプのチェキです。
フィルムの大きさは、通常のチェキフィルムのなんと2倍というサイズ。ワイドに撮影したい時などに活用できそうですね。カメラデザインもなんとなくレトロでおしゃれな感じがします。写真の明るさを補正できる濃淡コントロール機能や、距離に応じて発光量を最適に調整する高精度オートフラッシュを搭載。

HTC最新スマホ『 HTC U11 life 』『 HTC U11+ 』タッチ&トライ参加者募集中

HTCshop

こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

HTC NIPPONは、今月発表になったHTCの最新機種である『 HTC U11 life 』『 HTC U11+ 』に触れることができるイベント参加者を現在募集中です。日本では発売がまだ未定の2機種ですが、タッチ&トライをするということは、もしかして・・・?ページの最後にこの記事を見て頂いた方向けに情報を掲載しています。気になる方は、最後まで見て頂けたらうれしいです!個人的には、児島社長とジョンソン・チャンさんの話を聞きたい!こんな機会はめったに無いので気になる方はぜひ!

イベント詳細

イベントの詳細などを掲載します。注意事項や応募ページは下記へ記載しています。
■イベント内容
HTCの紹介
HTC U11 life、HTC U11+ デザインご紹介
HTC U11 life、HTC U11+ 機能のご紹介
HTC U11 life、HTC U11+ タッチ&トライ
グループワーク等
■イベント概要
開催日: 2017年12月1日(金)18:30〜20:30
開催場所: 東京都港区某所 ※当選者へのみ連絡
募集人数:30名前後
応募締め切り:11月23日(木)
当選発表: 11月27日(月)予定 ※当選者へのみ連絡
参加費用:無料? ※現地までの交通費・宿泊費等の諸費用自己ご負担
応募条件:
SNS・ブログなどで本イベントに関するご感想を発信可能な方
・18歳以上の方
Speakers
HTC NIPPON 代表取締役社長 児島 全克
デザイン部門アソシエイトバイスプレジデント ジョンソン・チャン
応募ページ等
上記に記載している事以外にも、注意事項などございますので応募の際は、下記ページの内容を確認し応募下さい。応募はこちらから!

この記事を見て頂いた方へ気になる写真を・・・

U11plus

現在記事を制作中ですが、この記事を見て頂いた方へ先に写真を一枚。
ちなみにトップに掲載している画像は、台湾の三創生活にあるHTC SHOPです。
この他にも日本未発売機種の撮影や台北にあるHTC本社への訪問時のことなど内容が盛り沢山です!そしてあの半スケも・・・っということで後日掲載する記事をお楽しみに!

See You Again?

HisenseがFIFAワールドカップオフィシャルハイスペック4Kスマートテレビ『N8000』発売

Hisense_N8000

こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

ついにあのハイセンスジャパンからハイスペックフラグシップ機が発表されました!
2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会のオフィシャルスポーンサーであるHisense Japan(ハイセンスジャパン)は、13日プレス発表会を実施し、その中でハイセンス独自技術であるULED( ユーエルイーディー )を搭載したフラッグシップモデルとなる4Kスマートテレビ『 N8000 』モデルを12月より発売すると発表しました。

日本初!独自技術ULED搭載等ハイスペック4Kスマートテレビ『 N8000 』

Hisense_N8000

今回発表になった『 N8000 』は、ハイセンスジャパンが国内で初めて発売となるフラグシップ機モデル!高コスパで大人気なハイセンスジャパンのテレビ製品のラインナップですが、最近では、次世代4Kスマートテレビ『 N5100 シリーズ』?等の高機能製品を続々と発売開始しています。

『 N8000 』の製品特徴として、大きく6点のポイントがある!どれも実際に使ってみたいと思わせてくれる魅力的な機能となっているので順番に紹介していきます!
ほぼベゼルレスな液晶部分と8.9mmという極薄スリムボディ!
Hisense_N8000

まずは外観をみていきます。ラインナップは、液晶サイズが65インチと55インチの2種類。本体サイズは65インチが、スタンド含み144.7×93.6×35.3(cm)、55インチは、123×80.1×26.2(cm)となっている。前面部分は、シャープなデザインのスタンドが、エレガントさを出しているモダンオシャレなデザインとなっている。

Hisense_N8000

驚いたのは、1.5mmという超極細ベゼル!離れてみるとベゼル部分を感じさせないときれいなデザインです。液晶画面いっぱいに広がる大迫力の映像が楽しめます。

Hisense_N8000

最も薄い部分は、8.9mmと1cmをきっておりこちらも極薄です!横からみるデザインもオシャレですね。この薄さだと壁掛けで使って部屋のインテリアとしてもバッチリですね。
独自技術ULEDを搭載し最高級画質、高コントラストな映像!
Hisense_N8000

今回初搭載となる、ULEDとは、アメリカ映画制作会社で構成される業界団体にて定められた極めて高い性能が要求されているデジタルシネマ規格DCI-P3 のカバー率を95%も達成した「 ウルトラカラー 」、そしてLEDバックライトの明るさを部分ごとに制御する 「 ローカルディミング 」により今までにない明暗表現が実現可能となった「ウルトラコントラスト」を融合させたハイセンス独自の技術です。もう一点、目立った機能として従来のTVの40倍以上の輝度を表現可能なドルビービジョンというHDRにも対応!まだ他メーカーでも搭載製品は、少ないので必見です!
最適なスポーツ視聴をしてくれるスポーツモード搭載!
Hisense_N8000

FIFAワールドカップ・ロシア大会でテレビのオフィシャルスポンサーになっているハイセンスから発売される今回のモデルは、オフィシャルテレビとなりサッカーはもちろん、スポーツ映像の早い動きに最適化させ、スムーズに観戦でき、目の疲れを軽減する事ができるように、スポーツ観戦の際に最適な仕様となっています。
DolbyサウンドとSUPER BASS搭載!3つのフロントスピーカー
Hisense_N8000

フロントの画面下部にウーファー含め3つのスピーカーを搭載!さらに映画館などでも使われている良質な音を提供するDolbyサウンドや、低域を向上するSUPER BASSを搭載し、家でも臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。
YouTubeや、Netflix等が見れるVOD機能
VOD機能も充実しており、NetflixYouTubeアクトビラTSUTAYA TV、U-NEXT、ひかりTV、クランクイン! ビデオに対応!パソコン等のデバイスがなくてもテレビだけで視聴することができます。
4K画質へのアップコンバート機能も搭載!
2K画質を4K画質へアップコンバートする機能も搭載しているのでコンテンツの解像度を気にせずに高画質で映像を楽しむことができます!

ワールドカップスポンサー!これからが楽しみなメーカー

Hisense_N8000

今まで数機種ハイセンスのテレビを紹介してきましたが、今回の新商品はさすがフラグシップ機ということだけあって機能は豪華ですが、シンプルでわかりやすく、テレビ=映像を楽しむもの!ということに拘った素晴らしい製品だと感じました。私がもし購入したら好きなサッカー観戦はもちろん、デジタルシネマ規格DCI-P3 のカバー率を95%も達成した「 ウルトラカラー 」と「 ウルトラコントラスト 」そして、DolbyサウンドとSUPER BASSと最高の環境で映画鑑賞を楽しんだり、大画面と良質な音でゲームを楽しんだりしてみたいです!

2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会と2017年FIFAコンフェデレーションズカップのオフィシャルスポンサーのハイセンス!これからもワールドカップイヤーとなる来年にかけて様々なプロモーションが行われると思うので、新製品の発表やキャンペーン等も期待しましょう!ちなみに世界では、スマートフォンも出しているので、ガジェットファンも注目していきましょう!

リンク:ハイセンスジャパン

 

Hisenseが東芝のREGZAを譲り受ける!テレビ事業等を国内及びグローバルに展開していく!

Hisense
こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

ハイセンスグループ傘下の上場会社である海信電器株式会社と東芝株式会社は共同で発表を行い、東芝映像ソリューション株式会社の発行済株式の95%がハイセンスへ譲渡されるとのことです。

ハイセンスは、東芝のテレビ商品及びブランド、運営サービス等の業務とテレビのグローバルブランドライセンスを40年間使うことができる契約だそうです。譲渡額はおよそ129億円で2018年2月末に譲渡完了予定とのことです。

REGZAブランドを海外で展開!

以前に北米市場でシャープブランドのライセンス契約をしていましたが、今はどうなっているのかな?鴻海が使いたいのでどうするかなどの記事を見ましたが。。。

5%は東芝が株を保有するということですが、また日本のテレビ製造メーカーが海外企業へいくという流れになって日本人としては寂しい気持ちになります。

地元だったSHARPも鴻海の元で再建をし現在は、黒字化までしているので海外の戦略等を海外企業から学ぶという時代なのかもしれませんね。

 

ハイスペックなのにコンパクトで軽い!デル『 XPS 13 』開封レビューその1

DELL_XPS13024
こんにちわ! こんばんわ!?モビカメ@mobicamenet)です!

9月に参加しているデルアンバサダープログラムの『応募していたのですが、少しバタバタしていて応募をしていたことを忘れていたある日・・・『モニター当選しました!』というメールをみて思い出すという(汗)

デルアンバサダープログラムは、無料で参加できます。今回の様な商品モニターや参加者限定イベントへ招待等、仕事やプライベートでデル製品を使っている!パソコンが大好きだったり、デル製品は使ったことがないけど興味ある!という方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?登録方法は簡単!メールアドレスや、各種SNS(TwitterFacebookInstagram、LINE)を使っている方はすぐに登録できます!

というわけでまずは、試用前の開封ファーストインプレッションレビューです!

DELL XPS 13 のスペック紹介

まずは、今回お借りしている『 XPS 13 』のスペックを見ていきましょう!

モデル名:XPS 13 プラチナハイエンド・QHD+タッチパネル
CPUプロセッサー :?第8世代 インテル? Core? i7-8550U
OS :?Windows 10 Home 64ビット 日本語
メモリ :?16GB LPDDR3 1866MHz
ストレージ :?512GB PCIe SSD
グラフィックス :?インテル? UHD グラフィックス
ディスプレイ :?13.3 インチ QHD + (3200 x 1800)? フレームレス 光沢タッチディスプレイ
本体サイズ :?高さ: 9 〜 15mm?幅: 304mm?奥行き: 200mm
重量 :?約1.29kg〜

ノートパソコンですが、私が普段使っている自作のデスクトップパソコンよりもスペックが上という・・・もちろんですが、ここまでのスペックがあると、ウェブの閲覧や文章作成等に関しては全く問題ないです。そして、写真の編集もRAM等のガチガチなデータもある程度編集できます。動画に関しては、グラフィックボードを搭載していないので長時間動画や4K等のハイクオリティなデータの編集は難しいと思いますが、フルHDのシンプルなデータであれば問題なく編集出来るスペックだと思います。

電源の起動等もチェックで行ってみましたが、30秒ほどで立ち上がり完了・・・さすがハイスペックPCです。

DELL XPS 13 開封編

では、さっそく開封の様子をご紹介していきます。

DELL_XPS13021

まずは、外箱のダンボールは、シンプルにDELLのロゴが記載されています。
ここでは、中身が『 XPS 13 』ということは、まだわかりません。

DELL_XPS13020

ダンボールの中を開けるとボックスインザボックス!!またまた箱が登場しました。
今度は、高級感ある黒のボックスです!そして左側の長方形の小さなボックスもでてきました。このような感じで四方の隅には、厚めのクッション材が使用されていて丁寧な梱包になっています。昔は、ここまで丁寧な梱包ってされていないメーカー等もありましたが、これも企業努力でユーザーの声や現場の声から反映されているんだなぁとしみじみ感じました。

DELL_XPS13022 DELL_XPS13022

黒のボックスを開けるとまばゆい光に包まれて!という表現がいいぐらいの落ち着いたゴールドの天板が!そしてここにもDELLのロゴが入っています!ぱっとみた感じは、あの某メーカーのパソコンっぽい感じがしましたが、梱包の感じはクオリティの高さを物語ってますね。

DELL_XPS13026 DELL_XPS13026

小さな箱の方には、電源アダプターとコンセントが入っていました。
スペックは、高いのですが省電力設計なので手にスッポリ入るぐらいのサイズですね。外出時も持ち運びに便利なサイズなのでこの点は、嬉しいです!ちょっと欲を言えば、最近はUSB type-Cで充電出来る仕組みがトレンドになりつつあるので次期モデルでは、DCポートではなくて、USBで充電できる様な仕組みになっているとよりうれしいですね。

DELL_XPS13001

箱から出してみました。

DELL_XPS13002

本体底の部分を見ていきましょう。

DELL_XPS13002

滑り止め防止が付いています。メーカーによっては、四隅に少しだけ付いていたりという場合もあるの作業をする時に安定性の部分は重要なので、しっかりした付き方をしているのでどんな環境でも安心して使えそうです。

DELL_XPS13002DELL_XPS13002

真ん中のXPSロゴの部分は、蓋になっていて開けると製造番号などの情報が記載されていました。デザイン面でのこだわりが感じられますね。

DELL_XPS13025

本体と一緒に説明書等も同梱されていました。

開封編はここまで

DELL_XPS13008

ここまでが、開封編です(汗)ちょっとあっさりしててすみません。
実は、まだまだ写真を撮っているのと説明したい点は、あるのですが今回はここまで。次回は、開封編その2ということで本体について説明していきますね!

あと余談ですが、ブログの更新に関してもしかしたら次は、日曜日ぐらいになるかもしれません。。2017年11月8日(水)から二泊三日でちょっと海外へ行ってきます。今回は、観光も兼ねてなのですが、ある企業への訪問をするというミッションもあるのです!ヒントは、Twitterを見てもらえたらわかるかも・・・またブログにも書きますし、リアルタイムではTwitterで紹介していくので、ぜひフォロー宜しくお願いします!